ジギタリス中毒

症状

ジギタリス中毒(じぎたりすちゅうどく)では心不全の悪化、房室ブロック、房室解離、心室細動、心室頻拍、洞不全、心房細動、心房粗動、下痢、嘔吐、腹痛、食欲不振、悪心、血小板現象、視力低下、色覚異常、健忘、疲労感、抑鬱、眩暈、頭痛、不眠、知覚異常、女性化乳房、三叉神経痛、腸出血などが見られます。ジギタリス中毒ではその多くが不整脈を引き起こすリスクがあります。

原因

ジギタリスの利用が原因となり、不整脈による死亡例が多いとされます。このため見通しの改善の有効性には議論があるとされます。ただし、ジギタリスの利用により心不全の進行から死亡する例が少なくなるとされます。その一方で、利用停止により心不全が悪くなる傾向にあるとされます。

治療法

血中濃度を調べ、誘引として甲状腺機能低下症、酸塩基平衡異常、腎機能障害、高カルシウム血症、低カリウム血症、低マグネシウム血症、新生児、薬物、高齢者、低蛋白血症、肝機能障害などが推測されればその利用を停止します。この投与の停止は血行状態が保持されている場合であり、ブロック及び除脈が重い症状であれば、ペースメーカを一旦用います。β遮断薬、プロカインアミド、ジフェニルヒダントイン、リドカインなどは頻脈性不整脈で心室及び上室によるものに対して効果があるとされます。尚、薬物に起因するものではレセルピン、ループ利尿薬、インドメタシン、エリスロマイシン、β遮断薬、
プロパフェノン、オメプラゾール、スピロノラクトン、サイアザイド、キニジン、アミオダロン、ベラパミルといったものがあげられます。

スポンサーリンク