アダラート・L・CR

同様の製品

ロニアン、レマール、ラミタート・L、メノプリジンL、アタナール、アテネラート・L、アロトップL、アロニクスS、アンペクト、エマベリン・L、カサンミル・S、カルジオブレン、カルジオルフトL、キサラートL、クノラミンL、ケパクルL、コバニフェートL、コバラート、コリネールL・CR、コロジレート、シオペルミンL、トーワラート・L・CR、ニフェジピン・CR、ニフェスロー、ニフェラート・L、ニフェランタンCR、ニレーナ・L、ヘルラート・L・ミニ、マリボロン、ミルファジン、セパミット・R。

一般名

ニフェジピン

「あだらーと・L・CR」の概要

L及びCRは徐放薬の一つであり、一日における血圧の変化は通常のアダラートに比較すると減少します。降圧の働きは非常に高く、心筋緊張を緩和し、抹消血管及び冠血管を拡張させ、心筋細胞中にカルシウムが入り込むのを阻害します。カルシウム拮抗薬として広く知られており、心筋及び血管を収縮させ、血圧を低下させます。

効能・効果

腎性高血圧症、狭心症、本態性高血圧症。

副作用

黄疸、肝機能障害、無顆粒球症、紅皮症、血小板減少、ショック、意識障害など。その他:起立性低血圧、血圧低下、同期、眩暈、頭痛、のぼせ、動機、紅潮、熱感、腎機能異常、嘔吐、吐き気、浮腫み、頻尿、発汗、頻脈、発疹、便秘、倦怠感、食欲不振、紫斑、胸焼け、高血糖、下痢、不眠、眠気、胸部痛、視力異常、筋痙攣などを見ることもあります。

アダラート・L・CRの注意点

グレープフルーツジュースの他、別の薬との併用で相互作用を生じる場合が見られます。また舌下投与によって血圧が突然低下します。一方、急激に本剤の利用を停止すると症状が更に悪くなる場合があります。以上のことから、車の運転などリスクのある行動は慎重を要します。

気をつけるべきケース

血液透析の実施中、重度の腎臓及び肝臓障害、肺高血圧症、うっ血性心不全、極端な低血圧などがある場合。

利用できないケース

急性心筋梗塞、心原性ショック、妊婦、本剤に対する過敏症の既往歴がある場合。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 |  »