バイアスピリン

同様の製品

EAC、ニチアスピリン、ゼンアスピリン、サリチゾン、アスピリン、アスピリン腸溶。

一般名

アスピリン

「ばいあすぴりん」の概要

再発を防ぐ目的で、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などに適用されますが、これは血栓及び塞栓の発生を僅かな量で抑え、血小板凝集能を低下させるためです。また、炎症性物質の発生を抑制し、痛み、腫れを軽くします。更に熱を低下させる働きがあり、これは体温調節中枢が存在する脳に働きかけるからです。そのほか、痛みを緩和させるのは、痛覚中枢の亢進を抑制する働きを有することに由来します。

効能・効果

歯痛、筋肉痛、打撲痛、月経痛、捻挫痛、頭痛、症候性神経痛、痛風、関節痛、関節周囲炎、腰痛、結合織炎、リウマチ熱、術後痛、強直性脊椎炎、慢性関節リウマチ、急性上気道炎。経皮経管冠動脈形成術並びに冠動脈バイパス術後に発生する血栓及び塞栓。脳梗塞や一過性脳虚血発作といった虚血性脳血管障害、心筋梗塞、そして不安定狭心症や慢性安定狭心症などに由来する血栓及び塞栓。

副作用

アナフィラキシー様症状、中毒性表皮壊死症、再生不良性貧血、黄疸、肝機能障害、血小板減少、消化性潰瘍、ショック、皮膚粘膜眼症候群、剥奪性皮膚炎、紅皮症、喘息発作。その他:嘔吐、吐き気、下痢、便秘、眩暈、血管炎、鼻出血、胃腸障害、肝機能異常、気管支炎、吐血、角膜炎、腹痛、口唇腫脹、胸焼け、発汗、胸痛、興奮、血圧低下、食道炎、難聴、耳鳴り、凝血障害、浮腫み、結膜炎、倦怠感、胃痛、胃炎など。

バイアスピリンの注意点

血小板凝集を抑える他の薬剤との併用では、脳梗塞を認める場合に注意を要します。

気をつけるべきケース

妊婦。既往歴として、過敏症、消化性潰瘍、心機能異常、腎機能障害、血管異常、肝機能障害などを認める場合。術後一週間内、そして酒類を日ごろから飲んでいる人。

利用できないケース

高度腎機能及び肝機能障害を認める場合。高度な血液異常を呈する場合。水疱瘡にかかった小児、インフルエンザにかかっている人。既往歴としてサリチル酸系製剤に過敏症を認める場合。出血傾向、消化性潰瘍を認める場合。

スポンサーリンク