ワイパックス

ワイパックスと同様の製品

ロコスゲン、アズロゲン、ユーパン。

ワイパックスの一般名

ロラゼパム

「わいぱっくす」の概要

精神安定剤で抗不安の働きは高く、痙攣抑制や催眠鎮静、筋弛緩などの効果は低くなっています。

ワイパックスの効能・効果

心臓神経症や自律神経失調症など心身症に関わる身体症候、抑鬱状態、不安緊張。神経症に関する抑鬱状態、不安緊張。

ワイパックスの副作用

禁断症状、錯乱、依存性、刺激興奮、呼吸抑制、黄疸。その他:胃部不快感、口渇、脱力感、動悸、眠気、眩暈、頭痛、食欲不振、倦怠感、不眠、便秘、下痢、ふらつき、立ち眩み、頭重、吐き気、肝機能異常、血圧低下、舌のもつれ、痒み、嘔吐、悪心、発疹など。

ワイパックスの注意点

アルコールによって働きが強まるおそれがあります。継続投与中に突然停止したり、極端に使用量を減量すると幻覚や妄想、不眠、譫妄、不安、振戦、譫妄、痙攣発作などを招く可能性があります。また運動能力や集中力減退、眠気を誘引する可能性があるため、リスクを伴う自動車運転などの作業は禁忌となります。

気をつけるべきケース

妊娠している女性。衰弱状態。腎機能及び肝機能障害を認める場合。脳器質及び心臓障害を見る症例。高齢者、小児。中等度以上の呼吸障害を認める場合。

利用できないケース

重症筋無力症及び急性狭隅角緑内障を認める場合。