発育不全[はついくふぜん]

症状

体重の増え方が遅かったり、体の成長の遅れを見る症状であり、このため発達が遅滞します。

原因

医学的或いは環境的、身体的、感情的な要因が発育不全(はついくふぜん)を引き起こします。これには、親の育児放棄や十分栄養を摂取できない環境などが該当します。特に家庭環境に問題が生じている場合、子供は適切な食事をとりにくくなります。また、もともと子供が病気を患っていて、それが原因になることもあります。吸収不良を腸に引き起こしていたり、ヒト免疫不全ウイルス、腎臓疾患、代謝性疾患、腫瘍、遺伝性疾患、感染症、ホルモン異常、心疾患、食道狭窄、胃食道逆流などがこれにあたります。尚、誕生してから一年の間で栄養不良を招くと、その後、通常の子供に比較すると言語能力など精神的発達に支障をきたすことがあります。身体面の発達は改善されるものの、大人になっても社会性に劣ることがあります。

治療法

通常の標準体重よりどのくらい落ちているのかが判断材料となります。中等度以下の発育不全のケースでは、決まった時間に高カロリーで栄養価がある食物を摂取させます。高度なケースでは、精神科医や栄養士、ソーシャルワーカーなどと相談しながら治療方針を決定します。基本的に原因によって治療は異なり、身体的なものが影響しているケースでは、その治療を行います。環境的要因が原因であれば、それを取り除きます。