過期産児[かきさんじ]

過期産児の症状

胎盤機能が極端に落ちているケースでは痩せている感じになります。また、皮膚には皺が見られ、乾燥から剥離した状態を呈します。胎便が羊水内に存在するケースでは緑色の色調を有する皮膚及び爪床を呈します。更に、酸素濃度が陣痛時に低下しているケースでは血糖値も低くなります。その他、敏感状態を呈することもあります。

過期産児の原因

四十二週以上、子宮内で経過してから誕生した新生児を過期産児(かきさんじ)と言います。予定した分娩の日を経過しても出生しない原因は、多くのケースでハッキリと分かりません。尚、妊娠末期になると胎盤は縮小します。このことが栄養を十分に胎児へ送ることを困難にさせます。結果として、胎児は自身の脂肪などを栄養源にし、胎児の成長に支障をきたし、体重減少を見ることもあります。酷くなると酸素不足から胎児仮死を招き、延いては脳や臓器にも障害を与えます。

過期産児の治療法

問題がなければ、妥当な体重を目標に新生児へ適切な栄養を摂取させます。低血糖の予防には、静脈中へブドウ糖溶液を投与したり、何度も母乳をとらせます。過期産児が胎児仮死を招いている場合、蘇生を誕生した際に行います。また、酸素濃度が低下していた場合も同様です。人工呼吸器は、肺へ胎便を吸入してしまったケースで適用します。