先天性股関節脱臼[せんてんせいこかんせつだっきゅう]

症状

著明な症状を乳児期において示しませんが、歩行可能になると尻部を突出させて跛行します。X線検査は先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)が推測できる場合に行います。通常、足の片方が短くなっている場合、両足を腹部に対して直角に曲げ、その際、外側に開脚させることで確認します。この場合、足が開き難くなったり、途中で異音がしますので、股関節脱臼を生じていることが視野に置かれます。

原因

先天的に股関節がはずれている疾患です。本疾患は乳児検診で確認することが大切です。また、無治療であると跛行に起因して歩行がままならなくなり、股関節に痛みが伴います。そのため、早期に治療することが重要であり、多くの場合、乳児期の発見から適切な治療を行えば、問題ありません。

治療法

リーメンビューゲルを装着させます。これで改善されない場合、手術適応となります。リーメンビューゲルは腹部に対して大腿部を直角に維持して固定させる装具のことを言います。大抵、自然に股関節への整復が示され、それによって抜けなくなっていきます。期間は凡そ三ヶ月程度となります。尚、両足を伸長させた状態は、股関節脱臼を招きやすくします。このため、足の動きを束縛しないようにし、おむつなども無理にまかないようにします。脱臼の可能性があるケースでは、極力、足を曲げた体位を維持できるようにさせます。これは股関節に対して足を曲げている状態が好ましいためです。つまり、四つんばいの様な形が理想と言えます。