クリプトコックス症

クリプトコックス症の症状

中枢神経クリプトコックス症では、脳内cryptococomaで脳圧亢進や巣症状を呈します。髄膜炎で熱の上昇や項部硬直、吐き気などを生じます。播種性クリプトコックス症では感染した各臓器の症状を呈します。肺クリプトコックス症では熱の上昇や胸痛、咳、喀痰などを示しますが、原発性においては特に症状を示さないケースが多いとされます。

クリプトコックス症の原因

肺型、中枢神経型、皮膚型、播種型に分類されます。ryptococcus neoformansは原因菌種ですが、別の日和見感染に比較すると強い病原性を有します。原発性クリプトコックス症は健康な人でも発症します。外因性真菌症であり、クリプトコックス属に起因します。鳩の便や土壌中、鳥の便などにcryptococcus neoformansは存在し、これが乾燥すると大気中に散らばります。感染は経気道的に肺へ侵入することで引き起こされます。血液を介して髄膜炎を引き起こすケースが多く、成人T細胞白血病やエイズでは全身に拡大します。

クリプトコックス症の治療法

フルコナゾールが用いられます。またアムホテリシンBやフルシトシンが組み合わせて用いられることもあります。尚、原発性と続発性があり、後者では免疫機能低下を招いている際に治りにくく、何度も発症するに至ります。一方、前者は見通しが良いとされています。